【感想】アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン

更新日:

やっと時間ができたので『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』を見に行ってきました~

poster2

 

では、単刀直入に言います。

「1回見ただけならスゲぇ… 2回見たらヤバイ楽しい」です

 

1回だとどうしても知らない単語が多すぎて す、スゲぇ ってなります
2回見たら、ある程度知っているので楽しくみれます。

あらすじ————————————

アベンジャーズ1にてロキがもたらした杖には人工知能に似たシステムが組み込まれておりアイアンマンこと実業家トニー・スタークのサポート人工知能「J.A.R.V.I.S.」よりも判断性能が高かったためJ.A.R.V.I.S.を杖のシステムと組み込んで宇宙からの攻撃を防ごうとした。
しかし杖の人工知能(ウルトロン)はJ.A.R.V.I.S.のシステムを破壊し、安全をもたらすのに必要な行動=人間を居なくする 為の行動を始めた。
人間を居なくするためには戦力が必要なので杖の方もロボットを作りだした。
人間 VS ロボット どちらが勝つのか…

ヒント)J.A.R.V.I.S.が唯一杖に勝ってる機能はハッキング性能
トニー・スタークはついに宇宙空間に偵察・スーツを配送する衛生を打ち上げていた
特殊金属であるヴィブラニウムは最強
J.A.R.V.I.S.を組み込んだ新しいロボット?人間?もできる

ひとこと————————————-

ピエトロ・マキシモフ と ワンダ・マキシモフ は必見です

残念なのはアイアンマンことロバート・ダウニーJrは今作で契約が切れること(監督次第でアイアンマン4も肯定的)

以上感想でした

-予備録
-,

Copyright© Alpha + Kifads/. , 2015 - 2017 AllRights Reserved.