【悲報】Xperiaユーザーを見ていない三カ月

更新日:

現在New Zealand にて短期的な生活をしていますが、この3ヵ月で気がついたことがある。国内シェア2位を誇るソニーモバイルコミュニケーションズより発売されている『Xperia』シリーズだが、残念なことに発売はされているものの一度も使用者を見ていない。

スポンサードリンク

なぜ使用者少ないのか。現地キャリアの店員に聞いてみた。

<日本語訳にて掲載します>
私「Xperiaの売り上げはどのくらいありますか?」
店員「多くはないが、一応売れている」—売れてはいるのですね…
私「Xperiaシリーズをどう思いますか?」
店員「いい端末だと思う。カメラは一番いいね」
私「なぜ売り上げが少ないのか分かりますか?」
店員「購入したい人は多くいると思うが、金銭的な面が大きいと思うよ、あと知名度も少ないね。SONYは知っていてもXperiaを知らない人が多いよ」

やはり金銭的な面が問題

国内ではどちらかというと格安スマホをけん制している風潮がありますが、海外ではフラッグシップモデルを使用できるのは一部の人に限定されてしまうようですね。以前 記事 にて紹介しましたが、NZでは15歳よりアルバイトにて個人消費分の金銭を得る人の割合が多いです。その為、未成年者でフラッグシップモデルを使用している人はほとんど見かけません。

ここで目立つのがSamsung製品とiPhone5S

Samsung(サムスン)といえば、国内撤退が来るかもしれない。というほど売れていないイメージがある韓国企業ですが(国内の場合)海外だとApple(林檎)かSamsungか、というほど世論がはっきりと分かれています。(フラッグシップモデルは少ない)Samsung製品にてよく見かけるのがGalaxy s5です。びっくりするほどs5ユーザーが多いのが現状です。またiPhone5Sも6S使用者より多いです。色々と聞き込んでみたところ、中古品を購入している人や型落ちモデルで値引きをされた商品を購入する人が多いようです。これも経済的な問題かと思われます。

日本企業って…

Xperiaのように、値段的な問題があるとどうしても購入できないので、できるなら値段を抑えていい製品を作る。というのが必要になってくるようですね。

-スマートフォン, デジタルガジェット, 悲報
-,

Copyright© Alpha + Kifads/. , 2015 - 2017 AllRights Reserved.