【比較】MEIZU『MX6』・『PRO6』の性能比較

更新日:

中国MEIZUの新フラッグシップモデルである『MX6』・『PRO6』の性能を比較していきます。

機種 MEIZU PRO6 MEIZU MX6
サイズ(高さ×幅×厚さ) 147.7×70.8×7.25 153.6×75.2×7.25
質量(g) 160 155
ディスプレイ(inch) 5.2 5.5
ディスプレイ(種類) Super AMOLED TDDI
ディスプレイ(解像度) 1920×1080 1920×1080
ディスプレイピクセル数(ppi) 423.6 403
その他 感圧タッチパネル
プロセッサー Helio X25 1.4×4 2.0×4 2.5×2 Helio X25 1.4×4 2.0×4 2.5×2
メモリ 4GB LPDDR3 4GB LPDDR3
カメラ(out) 2116 1200
カメラ(in) 500 500
ビデオ(out)
ビデオ(in)
f/値 2.2 2.2
その他 レーザー測定/2カラーフラッシュ/全面フラッシュ SONY CMOSイメージセンサー/バーストモード/デュアルフラッシュ/
バッテリー(mAh) 2560 3060
急速充電
OS Android Base FlymeOS Android Base FlymeOS
SDカード
防水
指紋認証 ○ mTouch2.1 ○ mTouch2.1
SIM(フリー)

スポンサードリンク

特徴

PRO6はフルスペックモデル MX6は一般フラッグシップモデルとしてデザインされています。
今回、指紋認証が大幅に改善され、プロセッサー(CPU)も10コアの出回っていないものが搭載されています。普段あまり話題にならないMEIZUですが、今回は10コアCPUが搭載されると言う事で、やや話題になりました。
毎回性能がとても良いのに価格が安い。が売りだったMEIZUですが、今回搭載されている Helio X25 CPUにより高くなっております。

ここが良い

メモリ4GB搭載。MEIZU独自技術により、音質が向上。専用ヘッドホンも付属。指紋認証ではmTouch2.1により0.2sでの解除を実現。
最上位モデルPRO6では感圧タッチパネルを搭載。カメラ機能も大幅に向上し、mChageによる超高速充電も改善された。

ここが悪い

価格が値上げ。PRO6モデルはMX6に比べてバッテリー容量が少ない。最近FlymeOSの安定性が悪い。

-スマートフォン, デジタルガジェット, 比較
-

Copyright© Alpha + Kifads/. , 2015 - 2017 AllRights Reserved.