なぜか日本でサービスを開始していないSpotifyが日本語に対応している。

更新日:

ブログにて「ニュージーランド滞在紀行」を更新しているように、私は現在New Zealandの方に滞在しております。もともと洋楽が好きで、日本国内では[Sound Cloud]を使って洋楽やRemix関連を聞いていました。せっかくニュージーランドにいるのだから、と海外で人気の音楽ストリーミングサービス大手[Spotify(スポティファイ)]を使ってみようということで、色々と試してみました。

スポンサードリンク

◆なぜか日本に対応している

Spotify自体は日本国内でのサービスが未だ開始されていません。その為、当然日本語への対応はしていないだろう。というのが当初の考えでした。しかし、実際に使ってみるとほぼ完璧に日本語対応しています。UIはもちろん、アーティスト名もカタカナで表記されている人が多いです。

spotfy_1

ジャンルなども全て日本語訳されている

 

◆海外では携帯のプランセットもある

現在NZのSparkというキャリアの通信網を使っていますが、プランの中にSpotifyプランがあり、500MB,500text,50min,+Spotify Premiumという$20セットがあります、Premiumの価格は980/月なので、このセットはかなりお得ということにもなります。

◆市場調査

自分の周りにいる人に聞いてみたところ、無料会員も多いですが、有料会員の数がかなりいるのが現状です。これは全体のSpotify ユーザーの割合でも言えることで、高い割合で有料会員がいる統計が出ています

◆いつ国内対応するか

なぜ日本国内での対応が遅れているのかかなり気になるとこではありますが、おそらく日本国内の定額制音楽配信サービスの数が多すぎるのが懸念材料になっているのかと思います。また、日本国内のアーティストでSpotifyにて配信している人数も少ないからでしょう。大手は他のサービスにて契約しており、サービス利用料もかなり少ないのでこれ以上契約したくないのだと思います。おそらく最大手が契約することになれば日本国内対応も開始されるでしょう

-その他
-,

Copyright© Alpha + Kifads/. , 2015 - 2017 AllRights Reserved.