【定期テスト予想問題】福岡 伸一 『動的平衡』

更新日:

スポンサードリンク

解答

1:(再生医療)(臓器移植)

2:(生命現象は全て機械論的に説明可能だという考え方) ←デカルト

②(魂や意識といった物質的に計測不可能なものを否定し、物事を力学やメカニズムといった数学的な理論によって物理的に捉える考え方)

③(デカルト本人は、人間と動物の間に一線を画していたこと)

④(バイオテクノロジー) 生命をパーツとして考えたので可能となった。

⑤(私達の幸福を置き去りにして、死の定義が前倒しにされ、ES細胞の開発の先陣争いが繰り広げられている状況)

①(3)

②(生命は自己複製可能なシステムであるという)考え方から(生命は循環的でサスティナブルなシステムであるという)考え方へ変わった。

①(環境との大循環の輪)

②(可変的でありながらサスティナブルなシステム)

③(変化し続ける発展性によって外界と調和する柔軟性を持つことだと捉えている)

④(サスティナブルとは常に分解と再生を繰り返し自分をつくり、変えていくということ)

①(デカルト的な機械論的生命観は生命をパーツの集合として見なし、それらを操作できると考えたのに対し、シェーンハイマーの理論は、生命を分子の流れとして、分解と再生を繰り返しながら平衡状態を保つものとして考えたこと。)

②(バイオテクノロジーが進展途上にあるということ。)

-その他, 予備録
-

Copyright© Alpha + Kifads/. , 2015 - 2017 AllRights Reserved.